はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

きょうの俳句

  北風や象の着ぐるみ愛らしき

象の着ぐるみをすっぽりとかぶった小さな子が
お母さんの自転車に乗せられてかわいかった。

  電飾の消えて寒風ウォーキング

ほんのさっきまで、きれいにチカチカと点滅していた
通り道の電飾。
もう時間が遅いのか、誰かがスイッチを切ったのだ。
夢から覚めてしまったように、辺りは真っ暗になってしまった。
目を瞑ればまた見えてきそうだけど・・・。
[PR]
by sora1357 | 2004-12-02 20:57 | 俳句

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357