はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

3月の俳句

  誕生の報早まりて六花かな

  泣く嬰を抱いて歩いて春うらら            (郭公)

  ひな壇のひなを太鼓の方へ向け

  残雪や同窓会の友と見む

  卒園の子は縄跳びの縄を編む            (郭公)

  



  冬うらら百面相の嬰の顔

  暖房の音の大きくひとりの夜

  冬晴れや今もオムツを干す景色

  春嵐抱っこの嬰は泣きやまず

  

  

    
[PR]
by sora1357 | 2013-02-16 19:09 | 俳句

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357