はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

10月の俳句

  秋の日の畳一枚入り込み

  曼珠沙華孫の覚えし首飾り

  点滴を見馴れし午後や秋浅し

  連休や栗をむく手はゆっくりと

  秋彼岸来し方長きや短きや           (郭公)



  新涼や孫七歳の誕生日

  にがうりの終わりを惜しみ味わひぬ

  佇みて台風一過の空仰ぐ

  竜巻の見舞いのメールうろこ雲

  新涼や夢か現か犬の声

  運動会後の校庭つむじ風

  

  
[PR]
by sora1357 | 2013-09-15 10:58 | 俳句

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357