はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

10月の俳句

  朝顔の枯れしネットに夕日かな        (郭公)

  彼岸花燃ゆる大地の巾着田          (郭公)

  秋時雨初老と呼ばれ空仰ぐ

  忙中や金木犀の何処より

  秋深しふとゆううつになる六十路



  気がつけば釣瓶落しの窓の外

  朝顔の弾けた種のそこかしこ

  新涼や窓開け放つ日曜日

  秋晴れや通りすがりの運動会

  敬老に抵抗しつつ山歩き

  御嶽の怒りの後の空悲し

  台風一過晴れた空土砂崩れ

  秋深し昨日のことをもてあまし



  





  
[PR]
by sora1357 | 2014-09-14 11:18 | 俳句

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357