はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

6月の俳句

  小さな実トマトの葉陰の花の下

  風吹いて麦穂の波のうねりかな          (郭公)

  朝露をまとひ菖蒲はすっと立ち

  先端の光りて伸びるゴーヤかな          (郭公)

  夕焼けを映す早苗田どこまでも



  一斉に蛙鳴き出す故郷の夜

  走り梅雨暑さ一休日曜日

  一面の大地輝く麦の秋

  果てしなく続く大地や麦の秋

  ナウシカの草原のごと麦の秋

  風に揺れ支柱を探すゴーヤかな

  雨上がり早苗の先の見え隠れ

  田焼きあとむき出しの土麦の株

  

  

  

[PR]
by sora1357 | 2015-05-13 13:04 | 俳句

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357