はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

10月の俳句


  2回目の父の立ち日や曼珠沙華

  稲架の稲容赦なきかな小糠雨

  汗拭ひ見上ぐる稲架や抜ける空

  秋の雨友のひょっこり訪れし

  柿の実や折れんばかりにぶら下がり

  
[PR]
by sora1357 | 2005-10-10 18:18 | 俳句

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357