はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

4月の俳句

  コミセンに笑い広がる春の夜(28)

  夕暮れの校庭静か花三分(29)

  離乳食パパ味見する春の雨(30)

  車窓の桜カメラの中を逃げてゆく(31)

  花吹雪短冊を書く母米寿(1)

  菜種梅雨高い高いにはしゃぐ孫(2)

  花冷えや爪の弾けてみつからず(3)

  手を広げ奉げるごとく桃の花(4)

  はりきって新入社員を案内す(5)

  おなじみのイケメン美容師花吹雪(6)

  週末のほっとする間の花散らし(7)

  花惜しむ病院の庭車椅子(8)

  入学の子は母よりも背が高く(9)
[PR]
by sora1357 | 2007-03-28 22:18 | 俳句

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357