はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

4月の俳句

  曇り空桜吹雪に手を伸ばし
  
  爪を切る音の聞こゆる春の閑

  パンジーの縁取っている隣家かな
  
  桜散る五十路半ばのもの思ひ

  出張の夫を見送る花筏
  
  同病の友の訃報や花ふぶき

  菜の花や友の笑顔に似ていたり

  手をつなぐぬくもり残る花曇り

母の添削

  五十路半ば散りゆく桜見てゐたり

  同病の友の訃報や春銀河

  逝きし人笑顔菜の花あかりなる

  はなす手にぬくもり残る花曇り
[PR]
by sora1357 | 2008-04-13 14:14 | 俳句

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357