はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

12月の俳句

  小ぬか雨ライトアップの紅葉にも    (白露)

  水炊きの巾着餅に舌鼓

  庭先の枯草ふるる冬ざるる

  病床の母を思ひし冬の雨

  早朝の冷気は硬く頬を打つ

  北風に背中押されてウォーキング

  ひとりの夜心を満たすほっとゆず

  小春日や顔だけ隠す富士の山

  新米はなにもなくてもおいしいよ
  
  同僚の赤ちゃん誕生冬うらら

  重たい雲の降りてくる冬の夜

  手袋に母の指輪のふくらんで

  碧空に銀杏紅葉のつきささる   (白露)

  草ふるる荒川の土手冬ざるる
[PR]
by sora1357 | 2008-11-16 20:46 | 俳句

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357