はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10月後半の俳句

  風呂上り故郷の柿の甘さかな(10・16)

  声弾む母の電話や紅葉狩り(10・17)

  櫓田や野鳩の急に飛び立てり(10・18)

  朝寒や回覧版を届ける子(10・19)

  朝寒やコーヒーカップ抱え込む(10・20)

  カシミヤのアンサンブルの懐かしき(10・21)

  コスモスや友を探して立ち止まり(10・22)

  もぎたての柿を磨いて掲げたり(10・23)

  窓枠や柿と青空おさまるる(10・24)

  コスモスの日毎に増ゆる通勤路(10・25)
  
  栗ご飯もてなす友の白髪かな(10・26)

  残されててっぺんにある熟し柿(10・27)

  秋の霧御伽噺の雲の中(10・28)

  櫓田やワイパー動く間から(10・29)

  無造作に売る特大の富有柿(10・30)

  カレンダーめくって寂びし神無月(10・31)


今月はここまで、1日1句を目指して、作ってきた。
駄作ばかりだけれど。
[PR]
by sora1357 | 2005-10-16 22:13 | 俳句

10月の俳句


  2回目の父の立ち日や曼珠沙華

  稲架の稲容赦なきかな小糠雨

  汗拭ひ見上ぐる稲架や抜ける空

  秋の雨友のひょっこり訪れし

  柿の実や折れんばかりにぶら下がり

  
[PR]
by sora1357 | 2005-10-10 18:18 | 俳句

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357