はいくのこみち

sora1357.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2月の俳句

  通学路ほこりまみれの霜柱

  降る雪の中よりひとりまたひとり

  降る音の聞こえてきそうぼたん雪

  地に触れてたちまち消える淡い雪

  フリースを突き抜けてくる空っ風

  秩父の雪をなでてくる空っ風

  鍋焼きの湯気に霞んだ祖母の顔

  茶柱や温まってくる指の先

  幼子の凍える両手包み込む

  新しい手帳に書き込むスケジュール
  
  乱れ降る足止めの雪人恋し
[PR]
by sora1357 | 2008-02-16 23:09

私、まちのつたない俳句のページです。


by sora1357